キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2018/01/17
ダイエッター必見のトレーニング方法を大公開を新規投稿しました。
◆2015/12/17
脂肪を燃焼する効果があるお薬の存在の情報を更新しました。
◆2015/12/08
食欲をなくして我慢せず過ごす生活の情報を更新しました。
◆2015/12/08
食後に飲むだけで脂肪排出とカロリーカットを同時にできるの情報を更新しました。
◆2015/12/08
肥満予防と便秘解消できる太らないカラダづくりを新規投稿しました。

ダイエッター必見のトレーニング方法を大公開

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ダイエットに取り組む際に、様々なことを言われると思いますが一番脂肪燃焼させるのに効果的なのは、「運動」なんです。

今回は、そんなダイエッターには欠かせない脂肪燃焼に一番効果的な「運動」について深く掘り下げて解説していきたいと思います。

そもそも脂肪燃焼とは?

脂肪燃焼させる方法については、食事や運動以外にもサプリメント等や様々な方法があります。
しかし、一番効果的なのはやはり「運動」でありこれについて、化学的にも証明されています。

そもそも、脂肪燃焼とは体内に蓄えられた皮下脂肪を消費する行為であり、それには運動が一番効果的なんです。

もちろん、食事での脂肪燃焼やサプリメントでの脂肪燃焼も効果的なのは、わかりますが一番簡単に最短で効果を実感したい方は、「運動」がお勧めです。

脂肪は有酸素運動で燃焼しよう!

では、どのような運動を行えばいいのか?についてみていきましょう。

脂肪燃焼には、無酸素運動(短距離走や筋トレ等)よりも有酸素運動(ランニング、水泳等)が効果的です。
なぜかというと、短時間で行うトレーニング(無酸素運動)では、脂肪は燃焼されません。

それは、消費されるエネルギーに順番があるためです。
最初に、身体の中で消費されるのはエネルギーは糖質(炭水化物等)であり、それらで賄えない状況になった場合に脂質(脂肪等)が消費されるようになります。

ですので、短時間で終わってしまう無酸素運動のトレーニングでは、脂質を消費するに至らないのです。

また、有酸素運動の中でも適度な20分から30分程度のランニングが一番効果的で、体内エネルギーが枯渇している朝ご飯を食べる前に、1杯の水を飲んでランニングするのがいいでしょう。

それを継続するだけでも、3ヶ月後には大きな変化が得られます。(個人差があります)

無酸素運動は脂肪燃焼には全く効果ないのか?

有酸素運動のメリットについては、先ほど述べましたが無酸酸素運動が全く無駄なのか?といったらそうではありません。

無酸素運動では、主に筋トレなどがその部類に入りますが、筋トレを行い筋肉をつけることで基本代謝が上がり筋肉質な健康的な体を手に入れることができます。

それに、基本代謝が上がれば何もしてなくても、代謝によりカロリーを消費することができますのでダイエットにも繋がります。

まとめ

今回は、脂肪燃焼の手っ取り早い方法について「運動」が適していると述べてきましたが、一番いいのは有酸素運動と無酸素運動を継続的にバランスよく行うことです。

ダイエットで成功したい方は、是非とも無理のない目標を立てて、継続していってくださいね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

▲PAGE TOP